『鹿背山城なんでも知ろう連続講座』

平成30年度

詳細や予定の変更等があれば随時更新します

  第1回 城の講演会

  • 日 時: 09月15日(土)
  • 場 所: 木津東部交流会館(0774−71−8130)1階ホール(JR木津駅東口徒歩5分)
  • と き: 開場 13:10、  開演13:30〜16:30頃

  • 講演1: 鹿背山城は松永弾正久秀が築城したと思っている方が多い。しかし、松永が城主となった時期は最後の10年余りである。築城したのは武士ではなく、奈良の興福寺である。なぜ興福寺が鹿背山城に築城したのかその目的を検討したい。
  • 演 題: 『興福寺の城「鹿背山城」の戦略的築城目的』 ―泉津から大和への道(上ツ道、中ツ道、下ツ道)―
  • 講 師: 岩井 照芳(当会々長)
  • 講演2: 大和の国の城は信長の命で全て潰され、郡山城のみが残った。筒井氏を経て秀吉の弟秀長が百万石で入城した。郡山城の天守台の調査から何が分かってきたのか。
  • 演 題: 「郡山城天守台の調査成果」
  • 講 師: 十文字 健氏(大和郡山市教育委員会)
  •  
  • 定 員: 80名 先着順 申込はいりません
  • 参加費: 300円(会員含む)

  第2回 鹿背山城整備体験

  • 日 時: 11月25日(日)
  • 日 程: JR木津駅西口バス停集合 9:00 〜徒歩〜 鹿背山城着10:00
          整備 10:00〜14:30
          鹿背山会館で意見交換会 15:00〜15:30
          15:30鹿背山会館にて解散
  • 持ち物: 弁当・水筒・軍手・作業に適した服装(道具は会で用意します)
  • 参加費: 無料
  • 申込先: FAX 0774-72-0014(木津の文化財と緑を守る会)

  第3回 狼煙上げ・講演会・見学会

  • 日 時: 12月09日(日)
  • 場 所:  庁舎北別館(講演会場)(雨天時は講演会のみ)
  • 時 間: 受付開始9:00 講演会9:10〜10:00 見学会10:15〜12:30  見学会の感想会13:30〜15:00
  • 講演会: 演題 「泉木津(港)の形態と上・下の渡し」  講師 岩井 照芳氏(当会会長)
  • 見学会: 吐師浜(下津港)〜木津浜(中津港)と下渡し 解説 岩井 照芳氏(当会会長)
  • 狼 煙: 1回目11:00〜 2回目12:00〜 各約5分間上げます
  • 感想会テーマ: 鹿背山城と泉津の港と渡し
  • 参加費: 無料  定員:50名(先着順)
  • 持ち物: 弁当・水筒・手袋・ハイキングの服装
  • 申 込: FAX 0774(72)0014(守る会)
         メール ホームページから

  第4回 鹿背山城講演会と城見学

  • 日 時: 02月10日(日)
  • 時 間: 講演会 10:00〜11:00 移動・昼食 11:15〜12:30 見学会 12:30〜15:00
         意見交換会 15:00〜15:30 現地解散 15:00
  • 講演会: 会場 木津東部交流会館 開場 9:30 開演 10:00
  • 講 演: 演題「鹿背山城の縄張りの特徴」 講師 中井 均先生(滋賀県立大学教授)
  • 見 学: 案内・解説 中井 均先生(滋賀県立大学教授)
  • 意見交換会: 場所 鹿背山会館 コーディネーター 岩井 照芳氏(当会会長)
  • 持ち物: 弁当・水筒(会場近くに食事するところはありません)他、軽登山に適した服装
  • その他: 保険には入っておりません。痛みも病院代も自分持ちです。
         雨天の場合は講演会のみ開催、午後の見学会は中止します。
  • 参加費: 300円  定員:50名(先着順)
  • 申 込: FAX 0774(72)0014(守る会)
         メール ホームページから

  番外 歴史探訪

『今注目の大阪城を見学』
  知っているようで知らない大坂城。今までと違う見方で大坂城を見よう。

  • 日 時: 01月13日(日)
  • 講 師: 中井 均先生(滋賀県立大学教授)
  • 集 合: 大手門前 10:00
  • 参加費: 会員1,000円 非会員2,000円
  • 定 員: 20名(受付順)
  • 申 込: 1月10日までに
         FAX 0774(72)0014(守る会)又は、メール ホームページから

過去の講座内容はこちらをご覧ください



『木津川市ふれあい文化講座』

主 催:木津の文化財と緑を守る会・木津川市・興福寺
会 場:木津川市中央交流会館(いずみホール)
時 間:受付13時から、開演13時30分〜16時30分
定 員:先着順180名
その他:参加費は無料です、どなたでも参加できます。

平成30年度予定

  第90回 ふれあい文化講座

  • 日 時:平成30年06月17日(日)
  • 演 題:「浄瑠璃寺三重塔内部彩色の美を語る」
  • 講 師: 荒木 かおり先生(川面美術研究所々長)
  • 演 題:「加茂の古仏」―海住山寺と浄瑠璃寺を中心に―
  • 講 師: 安藤 佳香先生(佛教大学教授)

  第91回 ふれあい文化講座

  • 日 時:平成30年09月22日(土)
  • 演 題:「浄瑠璃寺と円城寺の庭園」―森蘊による庭園の復元的研究―
  • 講 師: エマニュエル・マレス先生(奈良文化財研究所 遺跡整備研究室)
  • 演 題:「中国における都城の概念の変化と日本の宮都」
  • 講 師: 豊田 裕章先生(京都大学人文科学研究所 共同研究員)

  第92回 ふれあい文化講座

  • 日 時:平成30年12月01日(土)
  • 演 題:「豊臣秀吉と京都 ―御土居・築城・造瓦―」
  • 講 師: 鈴木 久史先生(京都市文化財保護課)
  • 演 題:「正倉院の宝物を守る」
  • 講 師: 西川 明彦先生(正倉院事務所所長)

  第93回 ふれあい文化講座

  • 日 時:平成30年01月27日(日)
  • 演 題:「古代山城 ―神籠石/朝鮮式山城― の真実」
  • 講 師: 井上和人氏(奈良文化財研究所名誉研究員)
  • 演 題:「再考 神君伊賀越え」
  • 講 師: 藤田達生氏(三重大学教授)

※「神君伊賀越え」の講演は今井家が家康を助け、幕府から木津晒の運上金を取ることを認められた切っ掛けであるとの記録から、定説と違う内容なのでお呼びした先生です。


過去の講座内容はこちらをご覧ください